MISSION
企業使命
CAMPANY
会社情報
STRENGTH
選ばれる理由
PRODUCTS
製品
SOLUTION
ソリューション実績
RECRUIT
採用情報
NEWS
お知らせ


お問い合わせ

MOVIE INDEX CONTACT お電話でのお問い合わせ 076-465-6050
MOVIE INDEX 動画一覧

SOLUTION REPORT
ソリューションレポート

顧客のニーズに応え、大量の飲料容器を安定処理する自動選別施設が本格運転開始。

NO.09

「飲料系容器廃棄物自動選別施設」

京都市伏見区 K社

K社様は、1968年4月に操業を開始され、産業廃棄物の適正処理と高度な廃棄物処理技術を通じて、環境負荷の低減と美しい地球環境の調和に貢献されてきました。
これまで人手に頼っていた缶、ビン、ペットボトルといった飲料系容器の選別をエアー搬送装置を駆使することで自動化を実現。
破砕・選別・圧縮装置では、搬入されたあらゆる廃棄物を適切な前処理後、可燃物および再資源化の材料となる廃棄物を選別して、資源としてリサイクルしています。残りの残渣は大型ベーラーにてプレスし、処分場へと効率よく運搬処理されます。

缶、ビン、ペットボトルの自動選別を本格稼働

業界においていち早く固形燃料化へのリサイクルの取り組みに取り掛かり、現在では、廃プラスチック類、木くず、紙くずなどを処理してRPFを製造されています。
そして、人手による選別を主体としている飲料系容器廃棄物リサイクル施設において、K社様はお取引先様の要望や従業員の労働環境に配慮して、缶、ビン、ペットボトルの自動選別化を実現して、本格稼働に入られました。

プラント全体

今回、自動選別装置の設置に踏み込まれたのは、お取引先様からの「大量の飲料容器を安定的に処理したい」という要望に応えるためであり、また、手選別による煩雑な重労働から作業員を開放するためには自動選別化の実現が不可欠でした。
当社提携先である英国インパクト社の技術による風力選別装置、エアー搬送装置を駆使することに加えK社様の長年にわたる施設応用力により、これまで困難であった破袋後の袋処理、PETの自動選別などを自動化することに成功しました。
(日量8時間 最大処理能力325㎥)

PETを風力により自動選別

飲料容器のペットボトルの比率が近年ますます増え、その選別の自動化が必要不可欠となりました。破損したガラスカレットや飲み残しのボトル・缶、紙容器などを効率よく風力選別することに成功しました。

風力による自動選別





フィルムバッグによるフィルム回収

容器袋は意外と嵩張るものであり、その扱いには苦慮されていました。フィルムバッグとスクリューコンパクターは袋が回収されるそれぞれの場所から、ロータリーセパレーターを介してスクリューコンパクターによって自動回収され、コンパクトに梱包されます。

ロータリーセパレーター

スクリューコンパクターによる自動梱包





アクセスランキング

ACCESS RANKING

新着記事

NEW ARRIVALS

BACK NUMBER バックナンバー

「粗破砕機FR2000」が破砕困難物を容易に破砕し、
処理量&作業効率が大幅UP!

山形県上山市 M社

NO.21

最新鋭の「一軸破砕機ポラリス2200」が効果的かつ効率的にRPF原料を大量破砕!

千葉県白井市 M社

NO.20

事業系廃棄物の処理を目的とした新工場が完成。少人数での稼働&大容量処理を実現。

福岡県北九州市 S社

NO.19

第4世代 新型ガラス光学式選別機Clarity(クラリティー)日本初稼働!

茨城県龍ケ崎市 S社

NO.18

最新鋭の一軸破砕機ポラリスの導入により、1台でワンステップ破砕を実現。

福井県越前市 T社

NO.17

新しい廃棄物回収・リサイクルシステムの構築へ

東京都江東区 K社

NO.16

混合廃棄物向けの破砕・選別ラインを新設。処理効率の向上で処理量アップを実現。

石川県金沢市 K社

NO.15

リョーシン風力選別装置HCDAを組み込んだ最新鋭の選別設備を導入。高精度かつ高い処理能力を実現。

岡山県 I社

NO.14

MORE
PRODUCTS 製品一覧 CONTACT お問い合わせ