SDi

集塵機と制御盤を統合し、
コンパクトながらも高い処理能力を誇る

SDiはSDSの小型版として開発された、サイズ250mmまでの材料を対象とする選別機です。
最大の特徴として、高精度かつ高処理能力ながらも集塵機と制御盤が一体となった独自デザインによる『省スペース化』を実現しました。
また、一体型デザインにより、簡単な作業で移動可能な半移動式か固定式を選ぶことができ、条件にあわせた設置を可能にしています。

風力式選別装置SDi
特徴

● 集塵機(振動式)・制御盤が統合された、省スペース設計

● 結線した状態で40’コンテナにそのまま入るので、据付が非常に早く簡単

● ファンでエアーを再循環させ、エネルギーの消費を最小限に抑える特殊設計(エアーの70%は再利用されます)

● エアーを吸引して選別する原理で、ダストフリーを実現

● 稼働中の調整が可能で、材料に応じて最適な状態にセッティング

● メンテナンス性に優れ、機械のダウンタイムを削減

選別プロセス

● 重量物
ドラムの手前で落下します。

● 軽量物
吸引ファンと補助ノズルによって吸引気流が発生し、その流れにのって後方へと運ばれます。

▪ 粉塵は独自の吸引選別構造により、飛散を防ぎます。

▪ 吸い上げられたエアーの70%はファンで再循環されるため、集塵機の大きさを削減します。

風力式選別装置SDi